京都のホットな情報をお届けします。

業務の効率化の切り札にインカム

慢性化する人手不足。
国や役所で一定の対策は進められていますが、人口が減ることが確実ななかで、人手不足はますます高まってます。
そうした対策をまっていては、後手に回り気が付くと取り返しのつかない状態にもなりかねません。
やっぱり、自社、自分の店舗でなんとかすることが先決です。
様々な方法があるかと思いますが、いつも思うことが、コミニュケーションの重要性です。
会社とか店舗とういうのは結局、一人でするのでなく複数の人が関わりあって営んでいます。
そうすると、情報の伝達、意思の疎通ということが非常に大切ということがわかります。
あるお店では、無線のインカムを導入することで、意思の疎通がとても改善し、伝達漏れやそれに伴うミスが減り、結果クレームが激減したという事例があります。
無線やインカムは複数の人とタイムリーに伝えることができますので、とても有効であることがわかります。

次回は、この事例をより詳しく紹介したいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。